歯周病について出来るだけ解りやすく、解決策を探り、いつまでも良い歯で!!

歯周病治療の問題点・対策法

歯周病治療の問題点・対策法


このように、全身の病気に深くかかわりがある歯周病ですが、

従来までの歯周病治療には、様々な問題点がありました。


従来までの歯周病治療では、

歯茎の中にある汚れや歯石をガリガリと機械的に除去したり、

部分的にレーザーで歯茎の中を殺菌したり、

歯周病菌に効く抗生物質を飲むような治療が主でした。


ところが、これらの治療は、治療後、

お口の中の細菌検査を顕微鏡を使用して行ってみると、

細菌レベルでは、歯周病菌は多少少なくはなっているものの、

完全になくなってはいない場合がほとんどで、

再発の可能性も高いのが実情でした。


また、歯茎の中の歯石を取る時に、

通常の歯科医院でガリガリ歯石を取る歯のクリーニングでは、

歯周病菌を血液の中に送り込んでしまっている可能性も高かったのです。


歯周病は、生活習慣病ですので、

食生活、運動、飲酒、喫煙、睡眠、ストレス…等 

さまざまな要因があります。


糖尿病等の全身的な病気も歯周病を悪化させる原因になっています。


その中でも最も歯周病の原因となるのが口腔内の汚れと噛み合わせ です。


歯ブラシが十分にできていないと汚れが歯面等に付着します。


食べかす等が付着した汚れの中には細菌がいます。


歯周病細菌もそうです。


これが、歯周病の大きな原因となります。


この汚れが、歯周ポケット内部に侵入していきます。


歯周病ポケット内部に侵入した汚れは、

非常に固く、歯の根の表面にこびりついていす。


歯石(歯肉縁下歯石)です。


この歯肉内部に付着した歯石(歯肉縁下歯石)は、

専門的な治療でしか取り除くことはできません。


つまり、

生活習慣を改善する事 = 体質改善につながります。


体質改善による治療と聞いて、

ほとんどの方が思い浮かべるのは、

内科などでの糖尿病治療や高血圧のコントロールなど、

内科系の病気の治療ではないでしょうか?


しかし、歯科治療でも、

糖尿病や高血圧などの生活習慣病を改善し、

体の免疫力を高めることは、

歯槽膿漏、歯周病、口臭などの

根本的な改善をするためには、必要なことなのです。


例えば、皆さんは、

疲れたり病気になったりと体調が悪いときに、

歯茎がうずいたり腫れたりしたことはないでしょうか?


歯槽膿漏,歯周病と糖尿病生活習慣病実は、

歯槽膿漏、歯周病に代表されるお口の病気と

全身の免疫力は密接に関係しているので、

体質改善による歯科治療で糖尿病などの

生活習慣病や体調を改善し、

体の免疫力を高めることによって、

結果として歯槽膿漏、歯周病などの

お口の病気も予防や改善が期待できるわけです。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional