歯周病について出来るだけ解りやすく、解決策を探り、いつまでも良い歯で!!

歯周病の症状

歯周病の症状



画像の説明

歯周病の詳しい症状について


歯周病は、症状の度合いに応じて、

軽度から重度までの症状分けがされています。


ただし、歯周病の分類は、

最近になってようやく始められたもので、

まだその体系化出来上がっているわけではありません。

分類の仕分けとしては、歯の揺れる幅の動揺度、

歯周ポケットの深さなどの審査項目があります。


動揺度は、0分から3度に分類され、

歯周炎組織の状態を掌握されするのに

効果があるとされています。

歯周炎をゲットの深さは、

通常1歯につき4点ないし6点の位置で測定します。


深さの大きさは歯周病の重症度を表すことになります。


3ミリまでが軽症、3日から6ミリな中等症、

6ミリ以上が重症とされています。


この歯周ポケットの深さが7ミリから8人になると

抜歯の境界と言われています。


しかし歯の1本1本が、すべて同じ症状にあるわけではありません。


同じ歯でも表か裏の場所によっても進行度は変わって来ます。


全体のバランスの問題もありますので

一口に軽度、中等度と言っても、

様々な段階があると言えます。


ただ、歯周病の症状は素人判断が出来ないことだけは確かです。


歯周病の不安を感じている人は、

しっかりと専門家に診断してもらうべきです。


歯周病の症状にはどんな症状があるか


あなたが次のような症状を近くする様でしたら、

すぐにでも歯医者さんへ行って歯周病の点検、

資料をすることをお薦めします。

  •  症状

・歯を磨くとき、既婚から血が出る

・講習がある。
人から言われたことがある。

・歯と歯の間によく食べ物がはさまる。

・朝起きたとき口の中がねばついて不愉快である。

・歯茎がグズグズしてかゆい

・歯茎が充血して赤い

・歯茎が痛い、歯が浮いた感じがする。

・歯以前より長くなったように見える。

・奥歯の側面を聞き取ると白っぽい物がものがつく。

・抜けたまま放置してある歯がある。

・歯茎を押すと臭い血や臭い膿が出る。

・水を飲むと歯がしみる。

・歯を手で押すとグラグラする感じがある。

・歯がグラグラして食べ物を噛み切れない。

上記のような症状が出たら、歯周病には注意しましょう。

歯周病の進行度はどれぐらい早いのか


思想骨が溶け出すと、

歯茎か痩せ呼びたいように見えて来ます。

これが進行して重度の歯周病になると、

歯槽骨が溶けてしまい歯を支えることが出来なくなり、

最後にはグラグラになって歯が、
ポロッと抜け落ちてしまうことになるわけです。

こうした歯周病は、

一般的な成人生歯周炎のほか、

・妊娠によって起こる人申請歯周炎、

・思春期に起こる歯周炎、

・若年性に起こる若年性歯周炎、

・激しい痛みと高熱を伴う急性壊死性腫瘍歯肉炎、

・白血病性歯周炎、

・口呼吸性歯周炎

などの種類があります。

しかし、これらはいずれもクラーク(歯垢)による

初期性の歯肉炎が無ければ起こり得ないものです。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional