歯周病について出来るだけ解りやすく、解決策を探り、いつまでも良い歯で!!

歯周病と肺炎

歯周病と肺炎


歯周病と肺炎の関係



画像の説明

65歳以上の高齢者の死亡は、肺炎がトップです。


しかし、2000年に東北大学で調査した結果によりますと、

口腔内が綺麗な高齢者は肺炎になる確率が非常に低かったのです。


肺炎の内、口の中の細菌が肺に入り込んで炎症を起こす者を、

誤嚥性肺炎とか、嚥下性肺炎と呼んでいます。


誤嚥とは間違って飲み込むという意味です。


何を飲み込むかと言うと、歯周病菌の含まれた唾液や、

胃ら逆流した胃液などです。


口の中は通常、36~37度の温度で保たれ、唾液で湿っています。


食べ物を取り入れる場所であるため、食べ物のかすも多く、

細菌の絶好のすみかでもあります。


さらに、高齢者は、歯周病にかかっているケースが多く、

より細菌が増えやすい状態にあります。


高齢者は、若い時に比べて、唾液の量も減っているため、

口の中の食べ物のかすなどを洗い流す働きも弱くなっています。


高齢者は、食物などを飲み込む時の反射や指導を何か入りそうな時に

咳をして外に出そうとする反射が低下しているために、

器官に細菌が入りやすい傾向にあります。


健康な状態であれば、免疫力で細菌を押さえ込むことが出来ますが、

抵抗力が落ちた高齢の病人などでは、これが命取りになってしまうのです。


事実、誤嚥性肺炎を起こした患者さんの肺から、

歯周病原因菌の嫌気性 グラム陰性桿菌などが

高い頻度で見つかることから、

歯周病と肺炎とは、深い関係があるとされています。


この傾向は寝たきりの人では特に起こしやすいので、要注意です。


予防には、まず口の中を綺麗にすることに尽きます。

そして、飲んだ唾液に含まれる量を、

少しでも少なくする必要があります。

そのためには、日の歯磨きが大切になります。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional