歯周病について出来るだけ解りやすく、解決策を探り、いつまでも良い歯で!!

歯周病と糖尿病

歯周病と糖尿病


歯周病と糖尿病との関係



画像の説明

糖尿病にかかると歯周病になりやすいと言うことは

昔から言われています。

逆に、歯周病になると、

糖尿病になりやすいとも言われています。


歯周病と糖尿病は深い関係にあります。


歯周病も糖尿病もともに生活習慣病であり糖尿病人口は、

1000万人を超えています。


糖尿病は、血液が高血糖になるために発症する病気です。



高血糖が続くとも毛細血管がもろくなり、

感染を受けやすくなります。

神経症状が起きたり、目の網膜に障害を起こしたりします。


口の中の症状としては、高血糖になるので、

唾液の分泌量が減り、口の中が乾いてきます。


また白血球の機能が低下するため、

歯周病菌が増殖してきます。


糖尿病の人が口の中を不潔にしていると簡単に歯肉炎を起こし、

治療せずに放置していると重症な歯周病になりやすいのです。

歯周病の様な慢性疾患があると、高血糖症状になりやすくなります。

歯周病になると炎症性物質である、TNFαが大量に作られます。


これがインスリンの働きを抑制するため

血糖コントロールが悪化して、

高血糖状態になりやすいと考えられます。


しかし、歯周病の治療を行い、

病原性細菌を取り除いて炎症がなくなると、

炎症性物質である TNFα生産が抑えられ、

インスリンの働きが正常に戻り、

血糖コントロールが改善されることが知られています。

このように、

歯周病と糖尿病の間には密接な関係があります。

事実、糖尿病と重度の歯周病の併発している人が、

歯周病を使用すると、血糖値が改善していくのです。


<<糖尿病が気になる方はこちらをクリック>>


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional