歯周病について出来るだけ解りやすく、解決策を探り、いつまでも良い歯で!!

歯周病と心臓病

歯周病と心臓病


歯周病と心臓病との関係



画像の説明

心臓秒は、アメリカ人の主要な病気の一つで

死因の第1位を占めているためその予防に力を入れています。


口の中を綺麗にすることを啓蒙し、心臓外科医の中には、

患者さんが重症な歯周病でもある場合、

手術を見送る医者もいるといいます。


心臓病と歯周病の関係については、医学的調査によりますと、

歯周病患者は健康時間に比べて、心臓秒にかかるリスクが、

1.5倍から2倍高いと報告されています。


さらに、心臓病や心臓発作と歯周病には、

相関関係があることが認められています。


歯周病と心臓病はどのような関係があるのでしょうか。



歯周病が細菌の感染により引き起こされることは、

もう十分理解されたと思いますが、

この細菌か血液の中に入り込み、

身体の色々な臓器に病変を起こします。


その中で心臓の冠状動脈は、

最も強権を起こしやすい臓器なのです。


歯周病菌のある酵素などは冠状動脈の脂肪質に付き、

血の固まりを作ることが知られています。

血の固まりが出来ると、血液はスムーズに流れず、

心臓の筋肉に必要な構成や栄養が行き渡らなくなります。


その結果、急に激しい運動したり、強いストレスが掛かると、

左腕や背中に痛みが走り、圧迫感が生じます。

これが狭心症や心筋梗塞を引き起こすと考えられています。

心臓内部の膜壁や弁に、細菌が感染して起こる病気を、

感染性心内膜炎、あるいは、細菌性心内膜炎と呼びます。


急性と亜急性があり、亜急性の病原因子として

口の中の連鎖球菌が挙げられます。



重症の歯周病でよく検出されるPg菌と言う菌があります。


動脈硬化症や大動脈流にかかった部位を調べると、

多くの Pg菌が DNA 検査のレベルで発見されています。


ことから、重度の歯周病が心臓病を

悪化させる可能性があると考えられるのです。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional