歯周病について出来るだけ解りやすく、解決策を探り、いつまでも良い歯で!!

歯周病と女性ホルモン

歯周病と女性ホルモン


歯周病と女性ホルモンとの関係



画像の説明

女性ホルモンとの関係はあります。


歯周病と女性ホルモンを調べるている研究者がいます。


その報告によると、

女性が決定の瞬間には口の中の粘膜の

剥離の状態が違うと言います。


女性ホルモンが粘膜に

影響を与えているのは毅然としています。



女性は生涯を通して月経、妊娠、出産、閉経と、

男性よりもホルモンの影響を多く受けます。


骨粗粗しょう症もそうです。


骨粗粗しょう症は閉経を期に起こります。


もちろん丹青にも更年期障害の様な症状ありますが、

女性は非常にダイナミックなんです。

妊娠中は、歯周病とか、歯肉炎とかは

かなり酷い状態になります。


歯周病の代表的な菌が、

妊娠中に非常に増えるという論文も発表されています。


そのため、今は妊娠すると、

歯のレクチャーを受けるようになっています。


女性が歯肉炎や歯周病になっている場合は、

出産後の治療よりも、できるだけ早めに

治療するよう指導しています。

女性は、生涯を通してホルモンの関係で

歯にダメージを受けるという研究があります。


多くの女性が参加した口腔検査の報告によると、

女性は1日3回きちんと歯を磨く人が多いといいます。


それに比べて、男性の方はと言うと、

1日1回~2回が良いところです。


口の中は断然、女性の方が綺麗なのです。

しかし、年齢が上がっていくうちに、

歯の残りの数は男性の方が多いと言う、

調査結果が出ました。

歯周病は、プラークが原因ですから、

常に口の中を綺麗にすることが大切です。


ところが口の中に関しては、

女性の方がホルモンの関係で不利なのです。

ブラッシングを励行し、
口の中を綺麗にしても、歯を失う率が高いのです。


とは言うものの、落胆するには及びません。

寿命は女性の方が長いのです。

男性よりも長く生きることが出来るのです。

神様はきちんと平等にしてくれています。

出産時に、思いっきり歯に力を入れることも、

歯が少なくなる原因かもしれません。


いずれにしても、

歯科医や医療チームの力を借りながら、

早めに手を打てば、いつまでも自分の歯を

持ち続けることは可能です。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional