歯周病について出来るだけ解りやすく、解決策を探り、いつまでも良い歯で!!

歯周病と口臭

歯周病と口臭


歯周病と口臭の関係とは



画像の説明

口臭の原因となる箇所の中で、

ほとんどを占めるのが、

口の中からの臭いで、

口臭原因の約8割を占めていると言われています。


以前は多かった虫歯、虫歯自体には

基本的に臭いはないのですが、

虫歯がひどくなって歯髄炎を起こすと

嫌な臭いがします。


口の中の菌が原因ですから、

歯周病も同様に、口臭の原因となります。


臭いは、自分ではなかなか解りにくいものです。


しかし、例えば、緊張したりして大気が出て来無くなると、

自分の口臭がわかることがあります。


最近、自分の講習を気にする人が多くなったせいか、

健康ショップなどで、簡単な口臭測定器が売られていますし、

口臭外来を設けている大学病院もあります。


口の中で発生するにおいは、

口腔内にすみ着いている常在菌によって、作り出されています。


唾液やプラークにいる菌は、

人間が食べたカスを栄養にして生き延びています。


これらの菌は、タンパク質を分解して腐敗させるときに、

硫化水素やメチメルカブタンなどの化学物質を作ります。


これが口腔内のによりの原因となります。


この化学物質はどこで作られるのでしょうか。


その多くは歯周炎ポケット内です。


歯周炎ポケットにすみ着いた嫌気性菌によって作りだされます。


歯周炎ポケットが深ければ深いほど、

化学物質は大量に作られるため、

歯周病が悪化するほど、口臭がひどくなるのです。


その他にも、下の表面で菌が繁殖した時や、

義歯が汚れている時にも講習は発生します。


虫歯も同様です。


報酬を取り除くには、

まず歯周病の治療を行うことです。


虫歯治療や義歯、

舌の手入れも丁寧にするとよいでしょう。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional